FC2ブログ

☆にゅ~にゅ~のひとりごと

2010年3月乳がんope 医療人にして乳がん一年生。治療の記録や患者としての日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015夏旅3日目



画家の赤木さんが好きな眺めだと言っておられた通りの風景

モンマルトルのサクレクール寺院とロレッドノートルダム寺院の見える通りてす

何度か来ているパリだけど

この風景は 知らずにいた

サクレクール寺院と他の寺院が

重なって眺めることができるのは

ここの通りだけだということで

じっくり見たかった

オペラ座界隈よりも少し遠いところから

歩き進むにつれて

徐々に サクレクール寺院が大きくなる

圧巻の迫力


ノートルダム寺院まできて ここを曲がって

何となくの坂道を少し行けば

ギュスタブモロー美術館


途中、BIOのブーランジュリーがあり

美味しそうなパンが朝からいっぱい

もう、朝から店内は行列してる


うまそうだなぁ~

何てボーッと歩いていたら

石畳と石畳の間の溝に

サンダルのつま先が引っ掛かり



派手に転んでしまった((T_T))



歌舞伎の飛びろっぽうみたいに

おっとっと~

転んではいかんと

耐えて頑張ってみたものの…


どさぁ~ どて~っと


両膝、右手、右腕、左手小指…

派手に転んだわりには

軽傷ですんだ


白い服は

なぜか汚れなかった

ズボンも刷りきれず

擦り傷と打撲だけで

痛みはさほどでなかった


四つん這いになって起き上がろうとしたとき


からだの前に斜めがけしていたポシェットが


左向こう脛をかばってくれていて

弁慶の泣き所がかすり傷程度だったのは

このポシェットのおかげ

良く見たら 擦り切れてる


このポシェットのポケットには

身代り御守りをいれていたので

きっと 守って下さったのだ

ご面倒かけてすみません



通りの反対側から小走りに

お兄さん二人が駆け寄ってきて

大丈夫か?と何回も聞いてくれる

怪我はないか?歩けるか?痛みはないか?


人の親切は素直に受け入れるべきだけど

ここはおフランス

親切を装ってよからぬ輩が多い

そして、ここはあまり治安は良くない地域

本当に大丈夫だったので

ご親切にありがとう。大丈夫。行くところあるので…

マニアックな美術館までね…


転んじまったことに凹みながら

そこから程近い美術館のトイレで

擦りむけた箇所に絆創膏をはり

気分を立て直し

今日初めの美術鑑賞


ってか、私しかおらんじゃないか…


ここには 有名な螺旋階段がある

普段は行列して昇るようですが


貸し切り状態


転んだ膝が大丈夫かを確かめるように

昇り降り 2往復

職員さんに

足元気を付けなさいよって笑われた…

この階段が気に入ったのかと勘違いされた?



確かに…階段転げたら大変だ~f(^_^;


以前、

大原美術館で ここの美術館のことを知り

観たいなぁ~と思っていた作品を鑑賞

作品は 印象派とは真逆な神話の世界

本当に好きな人しか来ないのかな

そういや

受付のオジサン 

作品から出てきたような 雰囲気の人…

オドロオドロシイ…


監視員の人は暇なのか

クロスワードパズルをしてた


ここ、ミュージアムパスが使える美術館

不謹慎な私は

パス料金の元をとる手段として

着ましたよ

それでも階段2往復なんてね~




さて、

お次は ここから近い

無料の美術館へ




バラの咲く5月が 一番お薦めの美術館だそう

ロマン派美術館

ショパンの手の石膏がありました

スッゴい華奢な小さな手です

館内は幾つかの部屋に別れていて

ショパンの曲が流れています

ミントグリーンの窓枠と赤いバラの

コントラストは きっと綺麗だろうな

入り口に ブドウの木があって 実がなってます

庭にはカフェがあって

緑の木陰で一息

パリの街中の喧騒から少し離れただけで

静かにゆったりとした時が流れます


このモンマルトル界隈

お目当ては美術館ではなく

何軒かのエピスリー

日本にはないオーガニックものを買い込み


テクテクなだらかな坂道を歩いて


プランタンの屋上です

360度のパリの絶景を

屋上から眺めて また小休止

煙突がたくさんあるなぁ~




ソルド中で 絶好の買い物時期なのに

デパ地下ならぬ屋上のみにしか興味のない私


お次は

ル・カレ・ダンクル

自分で撮ったパリ風景で切手が作れます

パリの郵便局が経営するブティックです


持参したUSBが読み込まずにいたら

ユアンマクレガーさんに似た職員さんが

ボクのPCからやってみようとウィンク(^_-)


ホントは2枚の画像で作るはずが

4枚 !

倍にしちゃいました~(笑)

ここは

文房具好きな私のパラダイス♪

沢山のパリらしい おっされ~なものが

てんこ盛りもりもり…



ここで一旦アパートに戻ります

歩けるけど

夜もまた 徘徊?予定なので

メトロで3駅



アパートに戻って

転んだ膝に湿布して冷やしながら

あー、また転んだなぁ~

ルーブルの前でも転んだっけなぁ~

何てことを考えてた


夕方からの徘徊行動って

日が長いと 得なのかな?

秋に来る旅ではできませんね


やって来たのは


おーシャンゼリゼー♪

目指すは凱旋門 !



このてっぺんじゃ~

ここもパスで行列知らず

200何段か登って

また高いところからパリの絶景を眺めます



簡単な柵があるだけ

安全?

ここも360度眺めます

これで

名所と言われる場所のてっぺんからの眺めは

コンプリート !!

ここのお土産屋さん

凱旋門ものよりエッフェル塔グッズが多かった


さて

また また 歩いて

今日の最後の行程

ルーブル美術館へ

夜間開館している曜日なので

22時過ぎても粘ることができる

観たかった作品のある場所は

工事中…

残念は残念だけど

(以前に観てるから良しとしよう)


ルーブルには

外の景色も

素敵に眺めることができる場所があり

(私のなかでのベストスポット)

夕焼けに染まっていく

エッフェル塔、ルーブルの建物の一部が見れる





22時過ぎのルーブル







ここから15分位歩いてアパートです

アパート近くの 暮れゆくセーヌ河の風景






今日も20000歩以上

転んだわりには

歩きに歩いた 一日でした~




スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 23:42:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2015夏旅4日目 | ホーム | 2015夏旅2日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://46207.blog134.fc2.com/tb.php/637-4bdc8a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。