☆にゅ~にゅ~のひとりごと

2010年3月乳がんope 医療人にして乳がん一年生。治療の記録や患者としての日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハナちゃんの病理結果

やっぱり…だった


わたしと違うのは

両側だということ

組織型が違うこと

リンパ浸潤があること



病理結果報告書を読むと人間と何ら変わらない記述の仕方


ワンコの乳腺はヒトより多いわけだから、リスクもヒトより高くなるし、腫瘍の数だって多くなる


手術前の画像上は、
遠隔転移はないにしても、病理結果でのリンパ節転移があること、手術での腫瘍の取り残しがあることで、かなり厳しい状況であることは現実として受け入れないといけない


術後二週間目の今日
抜糸

傷口はきれいだけど
着せられていた胴着のようなサポーター包帯みたいなものの端が足の関節部分の皮膚にあたって、結構ひどい皮膚むけや潰瘍になってしまっている…

膿汁もでていたから
こちらも心配だった


平日昼間の面倒や通院は母親がせざるを得ない


だとしても

今後の治療
予測されること
渡された薬の名前

それぐらい把握してきてくれ~~

何聞いても


…みたいな顔して

「元気だから聞いてこなかった」「言われたんだろうけど覚えていない」



イラッとした

足の悪いばーばなりに頑張ってくれてはいるけど…
八つ当たりしても仕方ないことだけど…

ムカッときて爆発したかったけど…
グッとこらえて我慢…


80歳近いヒトにあまり
あーだこーだ言っても虚しくなるだけし…




今、ハナちゃんは

吠える元気や散歩したい気力が少しずつでてきた

クスリ(何の薬がわからないけど)も工夫次第で何とか飲める


術前と変わったことと言えば

家族のそばから離れなくなった

じーっと人の顔(いや、目かな)を見つめるようになった


不安なんだろうな…



これからのことは
獣医さんに聞いてみよう



何だか

同病かもしれないと感じた時から

もしかしたら

わたしの身代わりになってしまったような気がして仕方がない…


どうしても

わたしの姿を重ねてしまう


ハナちゃん、ごめんね
スポンサーサイト
  1. 2011/11/29(火) 20:46:37|
  2. 相棒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<またお会いしましょう | ホーム | そんなあなたにわたしもなりたい>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/12/03(土) 08:59:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

不思議です

ハナちゃんのお見舞いありがとうございました。

不思議な縁が私とハナちゃんにはあるようです。

わんこも
ジーッと、目を見つめるんですね…

物言わぬが故に(言葉を発することができないから)、なんか余計に私が感じてしまうことがあるのでしょうね。。

ハナちゃんがいるだけで精神的に私自身救われてきたことが沢山あります。ありがたい存在です。


きっとこれから益々そんな救いが私には必要になるのかもしれません。


私もハナちゃんも一生懸命に生きていこうと思います。皆さんに支えられながら…
  1. 2011/12/05(月) 19:47:12 |
  2. URL |
  3. malt. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://46207.blog134.fc2.com/tb.php/280-82aab133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。