☆にゅ~にゅ~のひとりごと

2010年3月乳がんope 医療人にして乳がん一年生。治療の記録や患者としての日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災後8ヶ月

特別であるはずの
11日という日が

日常の通過点になりつつある

こうやってみんなの中で忘れていくのかな


今日
担当患者さんのひとりの年長組になる男の子のママさんと話をした

福島在住の一家
あの日以来、
男の子を一度も外で遊ばせていないこと
引っ越しを何回かしたこと

この先何十年
見えない敵にどう立ち向かっていくか

「身近にできることからって考えると…

外にでない

口にするものは県外もの
水道水は使わない

外遊びのために、わざわざ山形県や宮城県に行くんです」


『震災から時間が経つほど福島の知り合いは県外にでてしまう人が多くて寂しい限りです』


そんなママさんの言葉は時間が経つほど深くなる悲しみを表している


再生や復興なんて軽く言うけど

共に歩んで生きていくこと

そのことのほうが
ずっとずっと難しいことを時間が教えてくれている
スポンサーサイト
  1. 2011/11/11(金) 17:48:14|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楽感酒戲 | ホーム | 一掃の顛末>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://46207.blog134.fc2.com/tb.php/271-70c42a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。