☆にゅ~にゅ~のひとりごと

2010年3月乳がんope 医療人にして乳がん一年生。治療の記録や患者としての日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015夏旅3日目



画家の赤木さんが好きな眺めだと言っておられた通りの風景

モンマルトルのサクレクール寺院とロレッドノートルダム寺院の見える通りてす

何度か来ているパリだけど

この風景は 知らずにいた

サクレクール寺院と他の寺院が

重なって眺めることができるのは

ここの通りだけだということで

じっくり見たかった

オペラ座界隈よりも少し遠いところから

歩き進むにつれて

徐々に サクレクール寺院が大きくなる

圧巻の迫力


ノートルダム寺院まできて ここを曲がって

何となくの坂道を少し行けば

ギュスタブモロー美術館


途中、BIOのブーランジュリーがあり

美味しそうなパンが朝からいっぱい

もう、朝から店内は行列してる


うまそうだなぁ~

何てボーッと歩いていたら

石畳と石畳の間の溝に

サンダルのつま先が引っ掛かり



派手に転んでしまった((T_T))



歌舞伎の飛びろっぽうみたいに

おっとっと~

転んではいかんと

耐えて頑張ってみたものの…


どさぁ~ どて~っと


両膝、右手、右腕、左手小指…

派手に転んだわりには

軽傷ですんだ


白い服は

なぜか汚れなかった

ズボンも刷りきれず

擦り傷と打撲だけで

痛みはさほどでなかった


四つん這いになって起き上がろうとしたとき


からだの前に斜めがけしていたポシェットが


左向こう脛をかばってくれていて

弁慶の泣き所がかすり傷程度だったのは

このポシェットのおかげ

良く見たら 擦り切れてる


このポシェットのポケットには

身代り御守りをいれていたので

きっと 守って下さったのだ

ご面倒かけてすみません



通りの反対側から小走りに

お兄さん二人が駆け寄ってきて

大丈夫か?と何回も聞いてくれる

怪我はないか?歩けるか?痛みはないか?


人の親切は素直に受け入れるべきだけど

ここはおフランス

親切を装ってよからぬ輩が多い

そして、ここはあまり治安は良くない地域

本当に大丈夫だったので

ご親切にありがとう。大丈夫。行くところあるので…

マニアックな美術館までね…


転んじまったことに凹みながら

そこから程近い美術館のトイレで

擦りむけた箇所に絆創膏をはり

気分を立て直し

今日初めの美術鑑賞


ってか、私しかおらんじゃないか…


ここには 有名な螺旋階段がある

普段は行列して昇るようですが


貸し切り状態


転んだ膝が大丈夫かを確かめるように

昇り降り 2往復

職員さんに

足元気を付けなさいよって笑われた…

この階段が気に入ったのかと勘違いされた?



確かに…階段転げたら大変だ~f(^_^;


以前、

大原美術館で ここの美術館のことを知り

観たいなぁ~と思っていた作品を鑑賞

作品は 印象派とは真逆な神話の世界

本当に好きな人しか来ないのかな

そういや

受付のオジサン 

作品から出てきたような 雰囲気の人…

オドロオドロシイ…


監視員の人は暇なのか

クロスワードパズルをしてた


ここ、ミュージアムパスが使える美術館

不謹慎な私は

パス料金の元をとる手段として

着ましたよ

それでも階段2往復なんてね~




さて、

お次は ここから近い

無料の美術館へ




バラの咲く5月が 一番お薦めの美術館だそう

ロマン派美術館

ショパンの手の石膏がありました

スッゴい華奢な小さな手です

館内は幾つかの部屋に別れていて

ショパンの曲が流れています

ミントグリーンの窓枠と赤いバラの

コントラストは きっと綺麗だろうな

入り口に ブドウの木があって 実がなってます

庭にはカフェがあって

緑の木陰で一息

パリの街中の喧騒から少し離れただけで

静かにゆったりとした時が流れます


このモンマルトル界隈

お目当ては美術館ではなく

何軒かのエピスリー

日本にはないオーガニックものを買い込み


テクテクなだらかな坂道を歩いて


プランタンの屋上です

360度のパリの絶景を

屋上から眺めて また小休止

煙突がたくさんあるなぁ~




ソルド中で 絶好の買い物時期なのに

デパ地下ならぬ屋上のみにしか興味のない私


お次は

ル・カレ・ダンクル

自分で撮ったパリ風景で切手が作れます

パリの郵便局が経営するブティックです


持参したUSBが読み込まずにいたら

ユアンマクレガーさんに似た職員さんが

ボクのPCからやってみようとウィンク(^_-)


ホントは2枚の画像で作るはずが

4枚 !

倍にしちゃいました~(笑)

ここは

文房具好きな私のパラダイス♪

沢山のパリらしい おっされ~なものが

てんこ盛りもりもり…



ここで一旦アパートに戻ります

歩けるけど

夜もまた 徘徊?予定なので

メトロで3駅



アパートに戻って

転んだ膝に湿布して冷やしながら

あー、また転んだなぁ~

ルーブルの前でも転んだっけなぁ~

何てことを考えてた


夕方からの徘徊行動って

日が長いと 得なのかな?

秋に来る旅ではできませんね


やって来たのは


おーシャンゼリゼー♪

目指すは凱旋門 !



このてっぺんじゃ~

ここもパスで行列知らず

200何段か登って

また高いところからパリの絶景を眺めます



簡単な柵があるだけ

安全?

ここも360度眺めます

これで

名所と言われる場所のてっぺんからの眺めは

コンプリート !!

ここのお土産屋さん

凱旋門ものよりエッフェル塔グッズが多かった


さて

また また 歩いて

今日の最後の行程

ルーブル美術館へ

夜間開館している曜日なので

22時過ぎても粘ることができる

観たかった作品のある場所は

工事中…

残念は残念だけど

(以前に観てるから良しとしよう)


ルーブルには

外の景色も

素敵に眺めることができる場所があり

(私のなかでのベストスポット)

夕焼けに染まっていく

エッフェル塔、ルーブルの建物の一部が見れる





22時過ぎのルーブル







ここから15分位歩いてアパートです

アパート近くの 暮れゆくセーヌ河の風景






今日も20000歩以上

転んだわりには

歩きに歩いた 一日でした~




スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 23:42:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2015夏旅2日目

暑い !陽射しが痛い !

湿気がないので ダラダラ汗を流すことはなく

逆に乾燥してるから保湿しないと干からびる…

こんな日は 美術館巡りで体慣らしです

2日間のミュージアムパスを買い 並ぶことを

最小限にして行動開始 !!



まずは、大好きな美術館は外せません

オルセーにオルゼ~(笑)



去年までは 写真撮影禁止だったけど

フラッシュ禁止 自撮り棒禁止に変わってました


大好きなゴッホの作品のなかでも

一番好きな作品は出展中ということで

観られず… かなりガックリ(T-T)

その上

写真を撮るのは好きだから気持ちはわかるけど

じっくりゆっくり静かな環境で

作品の世界に浸りたいときに

パシャパシャとその作品の真ん前で

やられちゃうと

イラついてしまう

しかも自撮り棒禁止なのに

使ってる !! (`Δ´)

どこのお国の方々とは あえて言わんけど

大概、マナー悪いのは このお国の方々

ワイワイかん高い声で騒ぎながら…

何とかならんかい ( `ー´)

監視員は居眠りしてるし

なんだよ~(@_@)

どのフロアも同じ類の状況

また時間をかえてくるとしますか



さてさて、

また、歩いて次なる美術館へ

地図では近いけど 結構な距離だったな

途中、大統領宮や官公庁にあたる建物

ナポレオンが眠る建物もあり



警官が銃を抱えて警備してます

しかし ピーカンのお天気で、太陽が痛い

早くも肌が干からびてきています

日焼け対策に、帽子、暑いけど7分袖の薄手のカーディガンで保護しましたが

すでに、

肌の露出した箇所が焼けてもーた(涙)







ここは ロダン美術館

パリのど真ん中にあって

緑の広大な庭にロダンの作品が点在してる

ゴッホの作品もあるので楽しみにしてた

が、、、またしても 、、

その邸宅が工事中でクローズ

(+_+) ガーン

外観だけ撮りました・・

意気消沈しても腹は減るです

マロニエの並木の木陰のテラス席で

おフランスパンのサンドイッチでクイックランチです

おいしそうなアイスやフルーツいっぱいのデザートケーキもあり、

何にしようか迷う迷う迷う・・・






さて、また歩いて、セーヌ河を渡って 今度は右岸の

オランジュリー美術館

ここは季節や天候や時間によって 光がかわることを上手く利用してる

まさしくモネの庭園の一部





しかし



この白いきれいな美術館に、誰か 作品の前で ゲロゲロしたらしく・・・汚物が・・・(>_<)

あまりの美しさに感動したのか??

係りの方々が、クリーナーやらモップやらで掃除されてました


睡蓮の連作はあまりにも有名だけど、地下にも印象派の作品がてんこ盛り盛りです

以前きた時はお目にかかれなかったマリーローランサンの絵があるじゃないすか

儚なげな透き通る美しい女性に憧れるです。。



そして、またテクテク歩いて

パリでいちばん美味しいバゲットの賞をとったことのあるブーランジュリー 「レジスコラン」で

バゲットトラディッションとクロワッサンを


1個づつ下さいって言ったら、他には何か買う?


私・・ごめんなさい 1個なのって 

カタカナフランス語が通じたのか通じなかったのか


いいのよ~って 首にタオルを巻いたお姉さんが笑って言ってくれた

奥では黙々とオジサンがバゲットを焼いていた


出来立てをくれたです

めるし~~です

この味、この歯触り、日本では真似できんのかな?


そこから近いパリで一番古いケーキ屋さん

「ストーレー」

私の好きなところのひとつ

エリザベス女王もお好きだとか


店主が偶然対応していて(雑誌でみてこちらは顔を知っています)

フランス語でまずはあいさつ

ぼんじゅーる!

(これ、基本。言うと言わないとで対応がむちゃくちゃ違う)

みんな美味しそうなのでガン見


店主に話しかけられた~

私 フランス語が話せません

と 覚えたカタカナ発音のフランス語

今度は、英語で話しかけてきた

どこからきた?なにほしい?いつまでいる?
どこを観光する?

ぜんぜん店のことと関係ないことばかり

色んなうんちく?日本が好きなことや

日本食は芸術的で味や香りがとても参考になる

つて(多分)言ってました


英語も堪能なのね~

大好きなアリババ バハオラムと

お薦めだというお惣菜

白身魚と夏野菜のキッシュ

をお買い上げしました

凄い立派な箱にいれてくれました




めるしぼく~~



さてさて、一旦アパートに戻って小休止します

目指すはモンパルナスタワー

暮れ行くパリの景色を高いところから見る !!

今回の第一のハイライトです

日が沈むのが夜の10時頃

治安のいいとはいえない場所だけど

何とか帰れるでしょ

行きのバスでのカルネ…

磁気が弾かれ 通せない…

運転手に 使えない !! って主張したら

面倒臭そうに 確認

そのまま乗れよ~って ジェスチャーしてくれて

サンキューです






辺りが暗くなって22時からの5分間

エッフェル塔のシャンパンフラッシュ

世界中からの観光客から

わ~っ とか お~ とか歓声が上がる

そりゃ~きれい♪

パリの観光スポットがライトアップされて

57階から見るパリの眺めに ウットリ

気付けば5分間が過ぎていて

写真撮影忘れてた~(@_@)

帰りもバスに乗り

賑わうビストロを眺めながら

今日の行程は終了

20000歩以上歩いてたf(^_^;

  1. 2015/07/30(木) 23:54:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2015夏旅初日






やって来ました

私のパリ♪

ただいま~って

セーヌ河に向かって叫んだところ

ただいまの時刻 7月29日21時10分

夕暮れの時間です

さてさて どんな旅になりますか


  1. 2015/07/29(水) 21:45:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。