☆にゅ~にゅ~のひとりごと

2010年3月乳がんope 医療人にして乳がん一年生。治療の記録や患者としての日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南三陸町での支援活動



震災後から南三陸町の幼稚園に

継続した支援活動をしている長谷部選手

今日 また訪れてくれた



ブラジルでの戦いを終えて

真っ先に 訪問してくれたようで

心身ともに大変だと思うのに

こういうところが 長谷部選手らしく

キャプテンたるゆえんなんだろうな

震災直後から変わらない その姿勢に

よ~し 私も負けずに

変わらず あなたを応援していきます !!



スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 18:19:23|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不具合だらけ



ひとつどこか不調を感じると

あっちこっち連鎖反応のように

身体中から ここも何か変だぞって信号を送られてくる

今度は 半年にいっぺんの痛み

左手首の腱鞘炎

空のコップを持つのも辛いほどだ

整形受診して

腱鞘内にステロイド注射


腱鞘炎とは いけんしょ~ (苦)

  1. 2014/06/26(木) 19:38:07|
  2. 乳がん五年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラジルでの夢散る



ブラジルの観光名所


まるで

日本はまだまだ通す訳にはいかん

そう言って立ちはだかっているようだ

結果は結果

どんなに努力した4年間であっても

90分間に点を取らない限り

何にもならない

選手たちがよく口にしていた

自分達のサッカーって

何だったのかな

技術も精神力も まだ世界レベルではなかった

4年間の努力が否定されたわけではない

日本以上に 世界はもっともっと強く成長していただけ

選手ひとりひとりが この現実をどう受け止めて

私たちサポーターに次はどんなプレーを見せてくれるのか

叶えられない夢に終わらせてしまうのか

今、どんなに悔しくて辛くても

戦う歩みを止めてはならない

選手の戦う姿があるかぎり

私たちサポーターはずっと応援していく

勝つことへのこだわりを

もっと貪欲に

もっと高く意識して戦ってほしい

この借りは 同じピッチ上でしか返せないのだから








  1. 2014/06/25(水) 22:32:57|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敗戦 + 敗戦 = 実力




やらなかったのか…

やれなかったのか…

今のチームの実力なのか…

またしても、負けてしまった (正確には引き分けだけど・・私的には負け試合なので)

日本代表がこの4年間かけて築いてきたはずのサッカーが

まだ、ほんの少しもピッチ上で表現されてないじゃないか

ゴールへの執念、闘志、試合への気迫が 選手から伝わってこない

それなのに、最後まで信じてとか勇気を持ってとか 選手はコメントしてる

それが残念だし、腹が立つ

自分達の築いてきた4年間にもっと自信持ってほしい

迷わず恐れずがむしゃらに突進してほしい

相手がどれだけ強くても 諦めずに最後の1秒まで

ボールに食らいついてほしい

この4年間、私たちサポーターを楽しませてくれ

とりわけ、震災後は、選手を身近に感じるようになった

そんな彼らに いつもありがとうという気持ちで応援してきた

ネガティブな批判は 全ての結果が出てからにしよう

選手には持てる力以上の力をコロンビア戦で発揮してほしい

奇跡に頼らず…

選手もサポーターも 悔いのない一戦にしよう




  1. 2014/06/22(日) 14:58:11|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新たな点眼薬


昨日の、診察結果を受けて追加した神経保護の点眼薬 アイファガン




  1. 2014/06/11(水) 22:18:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

セカンドオピニオン + 検査 + 診察

通院している眼科医から、もう少し設備のある大きな病院での診察も受けてほしい。

今後、一生のことなので、私の診断、処方に誤りがないか確認もしたいということで

勤務施設での検査、診察を受けた。

視野検査、視力検査、眼底検査、、、まぁ~ たくさんたくさんあり、目が疲れた(苦)

結果、

右開放隅角緑内障(通院医師とおなじ)

神経線維層がかなり菲薄化、右目の中心部にも感度低下があることが新たに指摘された。

どんより~になったわたし。。

なんか、いつも、ものを見始める最初に、眩しく感じて次の瞬間には、うす暗いモヤがかかる。

これが、視野障害だったんだ。

私の場合、眼圧は高くないので、これからは、単に眼圧さえ良ければ、進行しないものと
思っていた。

けど、眼圧コントロールが良くても、40%の患者に視野障害の進行を認めること、

視野障害を認める部分は、既に神経の70%が障害されていること、加齢による変化でも影響を

受けること、将来的には、左目の眼圧が高くなり、両目の視野障害が起こる可能性もあること

めだけにが~んが~んな診断です。

見えずらい、視力低下、暗い、、、は単なる視力低下ではなく、立派な視野障害からきていたんだ。。

もっと、早くに診察を受けていればね~と診断医師(俗にいう教授)

(そんな発言はよくないぞと感じながらも)知識不足の私に自己嫌悪。。。

今後は、神経保護の点眼も増やした方がいいこと

がんこさんの薬も多少の影響があるらしいこと

エストロゲンも視神経に大事らしく、それをおさえる今の薬も考えないといけなくなった。

幸い、がんこさんの薬の選択肢がまだあるから、それにスイッチできそう。

これからは、3~4ヵ月ごとの視野検査、毎日2回の点眼です。

見えるうちに見たいものは見ておこう!

にゅ~にゅ~よ、へこむな !!

その時できることをすればいい !!




相変わらず、医療費、高いです。

  1. 2014/06/10(火) 23:44:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。