☆にゅ~にゅ~のひとりごと

2010年3月乳がんope 医療人にして乳がん一年生。治療の記録や患者としての日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

湯島天神now




学会終わって 暗くなりましたが、スカイツリーを遠くに眺めつつ ぶら散歩しながら

湯島天神に来ました

受験生をもつ友人たちの代わりに しっかり代理ママとしてお祈りしてきましたよ

暗くなっても参拝している人が多いのですね

ゆっくり参拝できずに少し心残りです
スポンサーサイト
  1. 2013/10/26(土) 18:35:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

安田講堂now



雨が小降りになってきたので…

と言うより、気分転換で 東大構内にゅう~散歩です

工事中みたいでしたが 学生さんや一般観光客、受験生が大勢来てますね

ワンコの散歩コースでもあるみたい

いや~イチョウ並木も素敵

銀杏が沢山落ちてるのに

みんな、拾って食べないのかな~?

銀杏だけに沢山食べたらイチョーに悪いかぁ(笑)

  1. 2013/10/26(土) 14:50:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

東大赤門now

台風が心配ながら 昨日から東京出張です

会場が東大ということで 赤門くぐりましたよ♪

あーなんだかわくわくドキドキ…

別に受験生でも学生でもないけど 。。

雨は昨日より凄いことになっているけど 見学してる親子連れがけっこういるんですね

頑張れよ~



  1. 2013/10/26(土) 09:32:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

にっこり

サザエさん展に行ってきました

駆け足でまわって、最後に撮影OKの場所をパチリ

ほのぼのとした日本の良き時代の代表のような一家ですよね

こちらまで ほっこり気分になりました









  1. 2013/10/21(月) 23:15:19|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャガール展

宮城県美術館で開催中のシャガール展に行ってきました

パリのオペラ座、ランスの大聖堂でみた天井画、ステンドグラスの下絵が展示されていて

パリ気分を二度味わったようで楽しかった~

下絵といっても 鉛筆だけでなく布切れをはったりしてる

何度も何度も繰り返された下絵

凄いエネルギーだな~

オペラの舞台、衣装も手掛けていて、衣装は今のファッションでも通じる素敵さが満載!

人の創造力って 無限なんだなぁ

美術のセンスが全くないわたし…

だから 絵を観ることで

憧れてるものを満たしてくれているのかもしれないな
  1. 2013/10/19(土) 23:25:26|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

膝の顛末

派手に転んだ膝の治りが悪く 今ごろになって痛苦しくなってきた

腫れも引かず、万が一膝の皿に何かあるとヤバイので整形外科を受診

幸い腫れがひどいだけで打撲でいいでしょうということだった

アオタンが膝だけではなく、脛の方まで広がり 小学生以来の 「惨事」

掛けていた海外旅行保険、少しは戻るかな~


  1. 2013/10/17(木) 22:04:09|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリよまたね~

いよいよ帰国の日

出発までの時間をリュクサンブール公園でのんびりです

マカロンと煎餅をおやつに頬張りつつ 公園にいる人達をウォッチング

太極拳してる集団、リレーの練習をしてる小学生、写生をしてる学生

小雨のなか 色々な人達がいますね

気がつけば 鳩が近寄ってくる…

片足が不自由な鳩にあげたかったのに、他の鳩に横取りされて…

このシチュエーション…去年も同じだったな~

頑張れよ鳩!




パリの一番に出会う旅も終幕です

今回の一番~…

モネの睡蓮の青にも負けないぐらいの両膝のアオタン…

ルーブル美術館前で派手に思いっきり転んだことが一番かな~

気付けば いつでも珍道中の旅の私ですね~

次回はどこの旅先からの便りになるかなぁ~

では、では ひとまず paris 旅は終わりとします (完)

  1. 2013/10/09(水) 10:46:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

旅の最終日

デパート屋上から、パリのパサージュ巡り!!

床のタイル模様が綺麗だったり、鉄とガラスとモザイクタイルがおりなす19世紀に造られたパサージュ

美味しい食事が頂けたり、お洒落な店があったり、昔ながらの店があったり…

天井からの光の具合で アーケードの雰囲気が変わります。

パリのパサージュで一番エレガントだといわれる
ギャラリービビアンヌ

ここのパサージュで ランチ

接客した方、パリ版楽しんごみたいな人で

着てる物は志茂田景樹みたいな…

ちょっと味は大丈夫?って不安だったけど…

食べ終わる頃に

美味しかった~?お気に召したかしら~

やっぱ、楽しんごだった!

おしりプリプリしながら 接客してました

キッシュを食べましたが味は普通で安心しました

また、ぷらぷら歩いて

パリで最古のケーキ屋さん stohrerに

天井のシャンデリア、絵画!! 古い?とは思えないぐらい綺麗だった

イギリスの女王様もお好きなケーキ屋さんということで写真が飾られていました

ここの元祖の ババオラム、アリババ…

そう、ラム酒に浸っているサバラン

夕飯のデザートに食べましたが

いや~浸り具合が半端なく 酔っ払いました

一つの大きさもデカイ!!大満足のケーキでした♪


そして旅の最終日に選んだ教会

ユトリロの絵の中にもその作品があります

サンジェルベ教会

ミサと鐘の音、ステンドグラスが素晴らしいと聞いてました

夕方からの 晩の祈りに参加

修道女、修道士の祈り、合唱、オルガンの音色

大人版ウィーン少年合唱団みたいに美しい

美しさに言葉がでずに涙がでました

ミサのあいだ、旅の無事と 出会った人たちの優しさに触れたことに感謝とお礼を祈り

またいつかこれますように

無事に家まで帰れますようにお守りください

そう、祈りつつ

心穏やかになれる場所がまたひとつ増えました


  1. 2013/10/08(火) 23:25:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

パリのデパートの屋上に行くの巻き

マルモッタン美術館から デパートの屋上に

凱旋門もエッフェル塔もノートルダムの教会も最上階に行くのにはお金がかかるけど

デパートの屋上はただで しかも 楽してこれます

しかも穴場なので空いています

360度、パリの眺めです♪

目の前にオペラ座、マドレーヌ寺院、モンマルトル、エッフェル塔も
いい眺めです♪

こうやってみると、狭い街中に色んな歴史的建造物があるのがよくわかる

お奨めの場所です

買い物はウィンドーショッピング程度で

プランタン屋上で マカロン頬張りつつ パリオバンヌもいいもんです♪
  1. 2013/10/08(火) 17:51:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

モネの印象

パリの中心部から少し離れた場所にある

マルモッタン美術館

バスに揺られ、車窓の風景はさながら観光地めぐり

サンジェルマン近くのバス停から乗ったから

サンシュルピス教会、エッフェル塔など有名な名所を巡りつつ

閑静な住宅街パッシー地区へ

だけど、最寄りバス停には どっちに行くのか 標識や案内がなく

住宅地でであった ワンコの散歩をしていたパリマダムに道を尋ね

ゆっくり歩いても5分位よ~って言われたとおりに歩くと

ますます住宅地になってきて、ちと不安になりつつ歩くと

建物の前に行列数名

はーここ?ってよく見ないとここが?って位、わからない…

よく見ないとわからなかったのは 私が通常ルートとは違う反対側から来てたからだったようで。。

帰りは地下鉄乗って…って違う道を歩いていたら 案内看板とかあってわかりやすかった…

まっ、パリの日常が垣間見れてよかったです

近くの公園では 小学生達がサッカーしていたり、ベビーカーに子供を乗せて日向ぼっこしてるパリジェンヌ

ベンチに座って 休んでいる老夫婦、、何でもない風景が 絵になる場所です


マルモッタン美術館… 私の好きなモネの作品があるところ

日の出

という作品です

この作品がきっかけで印象派の絵画が好きになり パリに行きたいな~と思うようになったんだっけな

この美術館は 中心部から離れているのに 私がかえる頃は団体客が来たりで。混み混みになってました

開館直後は あまり人もいなかったので 独り占めで ゆっくり鑑賞

静かな空間でこの絵を見ていたら

波の音、太陽の温度感のような ものが 伝わってくるような…

なぜか懐かしい気持ち、何とも穏やかな気持ちになります

絵のもつ力って凄いな

画家の思いって どんなところにあるのかな。。

作品を描くとき 何を思っているのかな~

聞いてみたい気持ちです。叶わないけど…



モネの印象はいいんしょ~ってことで(笑)

  1. 2013/10/08(火) 15:03:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

シテ島のことはシッテット~




シテ島のノートルダム寺院

ディズニーにもでてくる寺院ですね

パリ発祥の地でもあります

0地点という日本橋のあれと同じようなものがあります

この塔、写真でみると簡単に登れそうですが、普段から、足腰を鍛えていないと

かなりぜ~ぜ~いって登らなくちゃならないです

今年は、すごい行列だったし、転んだ膝の大事をとって登りませんでした・・・


シテ島とサンルイ島・・セレブの住む土地柄か、一歩路地に入ると、わんこを連れてお散歩している

マダムによく遭遇します

みんな、おっされ~~

スニーカーで歩いてないのね。。ヒールとかちゃんとしたおしゃれ靴でお散歩しているのです

もちろんコートとスカーフして・・・

こっちは、お気楽楽チンの旅姿・・・

よし、あしたは、いっちょらで パリオバンヌといきますかね




  1. 2013/10/07(月) 23:58:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

a little night music at Saint chapelle




夜7時からのサントチャペルコンサート

この旅で一番の楽しみにしていたコンサート

サントチャペルの青のステンドグラスが日没にあわせで表情をかえる

教会に響くバイオリン、アベマリアの透き通った歌声

美しいと魂が震えるような経験は初めてだった

涙が溢れて 心のなかが浄化されたような感覚だった

1時間半位のコンサートの最後は ブラボーの大歓声…


イケメンバイオリンソリストのCDにサインしてもらい

パリのいちばんにまた出逢えた素敵な夜でした
  1. 2013/10/07(月) 23:53:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

パリのいちばん

旅の5日目

痛み止めとシップで膝は何とかなりそう

一部予定を変更したり 歩きをやめてバスに。。

今まで 敬遠していた凱旋門、シャンゼリゼを

初めて歩いた

ルーブルから一直線に続くシャンゼリゼは緩やかな上りの坂道に

なっていたけど 歩くにつれ迫ってくる凱旋門の迫力に圧倒されっぱなしだった




パリで一番小さな教会 サンジュリアンルボーブル教会

ダンテも通ったらしい…

サンルイ島のサンルイアンリル教会

ベルサイユを手掛けたルボーの建築。塔と時計は18世紀のもので

教会内の絵画が素晴らしかった

パリで一番小さな広場 フェルスタンベール広場

賑やかなサンジェルマン大通りから

少し入った路地に ひっそりと ドラクロア美術館のすぐ前にあり

地元のおばあさんが 日向ぼっこをしてた


  1. 2013/10/07(月) 22:05:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヒザニモメゲズ

転んでおもいっきり打撲した膝でも 何とかなりそうだったので

ゆっくり3時間 マストの絵画を見て回り、そのあとは 日曜のビオマルシェへ

お昼を回っていたから 昼食になりそうなものを狙ってきたが、

遅かった…

めぼしい物は売り切れていた

鳥一羽のローストチキン…美味そうでしたが 買うわけにいかず。

日本には珍しい野菜や大好きなイチジクを買って みました

ビオだけに少し割高でしたが野菜の味の濃さはしっかりしてた

みんなトランク持参でガラガラ引きながら買い物してるのね~

狭くてごちゃごちゃしてるから 膝をぶつけないように スリにあわないように

神経を使ったけど 地元の人の食文化を垣間見て楽しかった~

野菜たちは 部屋で蒸し焼きにして ちょっと醤油かけて…

なかなか旨し♪でした


夕方から

7000本のパイプオルガンでパリで一番美しいと言われる

サントスタッシュ教会でのオルガンコンサート

無料で聴けるだけに 地元の人、観光客と沢山の人がいた

大きな教会に響くオルガンの音は 足の裏から響いてくる

30分位のコンサートはあっという間

讃美歌、クラッシック、、、

教会のマリア様もうっとりしているかのように見えた
  1. 2013/10/06(日) 23:40:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

やっちまった~

旅の4日目

毎月第一日曜日は 無料開放する美術館が多い

ルーブル美術館に行こうと 頭の中は どこの入口に並ぶかで一杯

日曜日早朝ということで 車道を渡ろうとした

その瞬間

石畳の隙間に靴先が引っ掛かり

おもいっきり転んでしまった…

両膝負傷し 左膝は擦りむけ 薄皮一枚剥けている。

右膝は 腫れてアオタン

幸い他に怪我なくすんだからよしとすべきか

起き上がるのがあと少し遅かったら スピードあげて運転てくる車に

引かれた可能性がある

あ~やっちまった~

朝から凹んでしまった私

だけど

きっと 昨日のランスやメダイの神様のお守りが

守ってくれたのかな

転んだだけですんだのかな

あと少しで車に引かれたかもしれないと思うと…


あーあ
パリオバンヌはアカンタレアンヌ~…(泣)






  1. 2013/10/06(日) 22:50:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

nuit blanche paris 5 octobre 2013

10月5日夜から6日朝にかけて パリの街中が白夜イベントで賑わいます

シャンパーニュから帰って、宿泊先近くの地下鉄から地上に上がった瞬間

物凄い人人…

初詣か初売りかぐらいの勢い

真夜中午前0時予定のセーヌ河岸からの花火を見ようと

沢山の見物客だった

まーしかし、時間通りなんていくはずなく 午前1時頃の
花火

日本の花火を想像していただけに タマヤーには程遠いショボい花火

屋台が並ぶ訳でもなく…

ただ物騒なだけなので

宿にそそくさと戻りました…
  1. 2013/10/06(日) 01:45:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

いざ シャンパーニュ

4度目のシャンパーニュ

ドンペリの本社にあるドンペリさんの像

坂上二郎さんの 飛びますのポーズに似ている…

いつ来ても、建物に入った瞬間から 芳醇ないい香りがする

地下に行くほどその香りが強くなる

シャンパンの出来る工程を流暢な日本語で説明してくれた
パリジェンヌ
笑いのツボもしっかり心得ていた

試飲をしいんかりして 若干ホロ酔い♪

エペルネからオービィリエールという小さな村に移動して

ドンペリさんの教会を訪れて、村一番の人気レストランで食事

もちろんシャンパン飲みながら頂きました。

美味しい食事を堪能したあとは

フランスで最も有名な日本人画家 レオナール・藤田が

最晩年に描いたフレスコ画が描かれているフジタ礼拝堂へ

体調悪い中、一日何時間も描いていたそうだ

フジタのエネルギーがこもった礼拝堂だった

そして

私の好きなランスの聖堂

シャガールのステンドグラス

シャンパンのできる工程が描かれているステンドグラス

歴代の王の戴冠式をする聖堂だけあって 荘厳で華麗な

ゴシック建築

どの角度からみても 綺麗で気高い聖堂からは凛とした

空気が伝わってくる

  1. 2013/10/05(土) 21:25:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

boco

切手を作り終えた後、夕飯に立ち寄った店

食事するにはまだ早い時間だったら

アンポルテ、シルブプレ♪

おー通じましたよ。テイクアウトです。

ミシュランのシェフが考案したメニューを気軽に食べられる
ファストフードのような店

オーガニックや環境に配慮しているのも凄い

容器はビンです。昭和の牛乳瓶みたいな厚さ
でも、これを回収するときはお金もバックしてくれる。

味も素晴らしく、前菜、メイン、デザートと全て揃って何を選んでいいのか迷うくらい。

日本にもないかな、こんな店~
  1. 2013/10/04(金) 23:56:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

一品もの

オルセーから ぶらり歩き
可愛い帽子屋さん発見♪
旅の勢いもあって セミオーダーで作って貰いました
小一時間程で完成
パリだから被れるけど…帰ったら飾るだけかな~(笑)

いったん、ホテルに戻り荷物を置いて
絶対したかった自分で撮った写真を切手にするために
郵便局のブティックみたいな所に移動

SDカードを差し込んであとは手順通りで簡単に出来ると…
予習資料にはそうなっていた

パリマダムの素敵な店員さんに
ボンジュール♪切手作りをしたいのだけど…って話したら
あー簡単よ~って笑顔でPCのあるブースに案内してくれた

しかーし、SDカードが読み取らず…マダムのニコニコ顔が一変
色々試して駄目で、折角日本から来てくれたのに~と言いながら
自分のデスクのPCに取り込んでUSBから切手ができるようにしてくれた

画像を選んでいる最中、パリとは関係ない京都や奈良の画像を気に入ってくれて
手伝って頂いたお礼に 画像を差し上げました

三種類の切手を作り こちらから手紙を書くことにします
  1. 2013/10/04(金) 23:50:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

オルセーにオルゼ~

旅の始まりは 大好きなオルセー美術館から

開館前に並んで正解!前から3番目です。

開館45分前から並んでみました。しかし、お~フランス人。時間にぴったり開館なんてありゃせん。

結局1時間待ちしたことになったけど、好きな作品から見始めたせいか、周りに誰もいなくて 好きな絵画と

私だけの世界

あ~~至福・極上の時間でした

この美術館のレストラン。すごい内装が豪華でシャンデリアや天井画、そして料理も。。のはずですが、

日本人が多く訪れるせいか、日本語でメニューが書いてあって、何がでてくるかスリルとサスペンスのような

ドキドキ感がなくなり、ちと残念。それに、味も少し?になっていたな。


けど、隣に座ったアリゾナからきたというご婦人に話しかけられ、知らない人とお話しできて楽しかった。

以前、行ったことのあるグランドキャニオンの近くに住んでいるらしく、パリと自分の住む世界はまったく

違うから、憧れるって、キラキラした眼で話してました。

フクシマのことを気にかけてくださっていました。

私は隣県に住んでいることを話したら、日々の飲料水や食事はどうしているのかと質問攻め。。

何もしてませんけど。。。


パリの小さな庭巡りをするのだそうで。(あったんだね、そんな庭)

参考資料を見せていただいたけど、赤や黄色のペンでチェックしたところが いっぱいあった。。


なんだか、私の旅の準備の仕方と似ていて・・・


調べている時間が楽しいってところ そっくりで・・・


ここにもパリオバンヌがおりました(笑)






  1. 2013/10/04(金) 23:16:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Paris now


やってきました~~

やっと・・夏休みです。



今回のテーマは、パリの一番に出逢う旅

さてさて どんな旅になりますか。。






  1. 2013/10/04(金) 21:08:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。