☆にゅ~にゅ~のひとりごと

2010年3月乳がんope 医療人にして乳がん一年生。治療の記録や患者としての日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思いがけない言葉

「malt.さん、ずっと言おうと思っていてなかなか機会がなかったけど、あのせつは大変お世話になりました。ありがとう」

「息子も立派に成長して成人式を迎えます」

「あの時励まして貰えて頑張れたんです。あれからずっと私の中にあの時間がありました。ありがとう」


社会にでて助産師の仕事を始めていた頃のことで、当時、担当した看護師さんの分娩介助をした。

経験の浅い私が何を言っていたのか思い出せないが、目の前で起こることに一生懸命対応するのが精一杯の時代だった。
若さゆえに、偉そうなことを言ったのではないかと思ったが

「して欲しいと思ったことに気づいてくれて、一生懸命に対応してくれたこと、あれから私の中で何か変わりました。子どもを産んだことの他に、人間としての姿勢をあの時学びました」


嬉しかった

あの頃は、目の前にいる人のことだけを考えて仕事してたっけな

思いがけない言葉で
何だか、私の方が温かい気持ちになった


目の前のこと、今を大切にすること

そう

相手に対して
自分に対しても
スポンサーサイト
  1. 2011/06/25(土) 08:58:47|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

一年前の今日

あっという間の一年

一年前の昨日
30回の放射線治療終了

そして

一年前の今日
TCの化学療法が始まった

放射線治療のだるさが残るなか不安だった

朝一番に行っても

採血結果待ちで二時間

化学療法待ちで二時間

点滴終了まで三時間

会計待ちで三十分


1日がかりにぐったりしたのと患者の多いことに驚いたことが思い出される


一年経って

ムクミは私の肉と化し
体重も3キロ増え

髪の毛も大仏様みたいなクルクル超短髪に伸びた

手爪はまだ柔らかい爪だが人前にだせる位になり
足爪は、まだシマシマ、昨日も小指の爪が剥がれた

創部はまだひきつれるような痛みがでることがある

術側の脇の下周辺の感覚は少し戻りつつあり、神経が再生してきている

リンパ浮腫は、増大させないように早めにケアしてきたが、手指の浮腫が目立つ

圧迫包帯法や弾性サポーターをしているけど、最近は暑さでサボり気味の昨今


一年前の私は

治療に専念するために休職した

患者になりきることに専念したことで自分自身のこと、医療人としての私を見つめ直す時間が持てた

忙しさにかまけて自分を見ていなかったこと
自分を大事にすることを忘れていたこと
がんこさんが教えてくれた

治療を受ける中で、患者として感じることが沢山あった
医療人にとっては大勢いる中のひとりの患者なんだろうが、ひとりひとりに向き合う姿勢の大事さが患者にとっては救いとなり得ることを体感した

あっという間の一年

この先もそうだろう

自分を大事にすることで医療人として患者や社会に少しでも還元できるように生きていこう
  1. 2011/06/24(金) 06:53:25|
  2. 乳がん二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ズラメンテ

朝、主治医軍団に遭遇

「あれ~やっぱりそうだ」
「すごいすごい。いい。全然変じゃないよ」

頭触られ、じろじろ観察されました

「髪質変わりましたね」
(さすが女医さん)


オーベン主治医も

「誰かわからなかったよ」
「僕が言うのもさぁ~何だか変だけど、似合ってるよ~」

(なんか照れるな)

「クルクル気にしてたけどいいじゃない」

『脱ヅラ、もうちょっと先に考えてたんですけど暑くて‥諦めて、クールビズとエコということで、こんなんなりました』

「相変わらず面白いなぁ~」



夕方

約7ヶ月お世話になったズララ1号さんをメンテナンスに出してきました


一応、ズラ卒業です


担当の方にも
しみじみと
「お地毛が生えて良かったですね」
「ウィッグみると、丁寧なケアをされていたんですね。髪を大事に考えていらっしゃることがよくわかりますから」
「丁寧にメンテナンスさせて頂きます」と

恐縮です
扱いはいたって普通だったかな‥


ズララさん
お世話になりました
ありがとう
綺麗にしてもらってね


ズララさんには
私のツルピカの時からの悲喜交々が染み込んでいる気がします

大事な相棒です
  1. 2011/06/15(水) 19:20:56|
  2. オシャレさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

余波

地毛デビューした翌日も

余波が続いております

会う人会う人に

「ぎゃぁ~~」
「え~ウソ~」
「ど~したの」


ははは

知っている人
そうでない人

異口同音に

「パーマいいですね」

地毛だと言うと

またみんな

「へ~」

でも皆さん気を使ってくれて

超ベリーショートいいねパリジェンヌみたいだ


いやはや
恐れ入ります


髪質が変わったことに
興味のある方が結構いらっしゃったことに意外な感じがしました


ジェンヌならぬオバハンは尋常じゃないクルクルと朝に格闘しております

パリオバンヌ目指して

オッサレ~になーれ
  1. 2011/06/15(水) 06:28:58|
  2. 乳がん二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地毛デビュー

本日より
公式に(笑)地毛デビュー致しました


ミーティング部屋に入る寸前

後ろから

「うお~」
「お~」

と言うデカい声

「やっぱりmalt.さんだ」

「あれーどうしちやったの~」


『今日から脱ヅラです』

と、もうひとりが

「お~地毛解禁だな」


『ちょっと田舎のおばちゃんスタイルで‥変ですか』

「いや、合う。似合う」


(言わせた感ありですね)

スタッフルームにいた他の面子は

「地毛って、カツラだったの?今まで気がつかなかったよ」

真顔でとぼけたことを言っていた‥


会う人会う人に

「わ~イメチェン」

クルクルベリーショートを見て

「パーマ具合がいいね」

(テンパって言ったら、ビックリしてた)

「似合う」

「新しい感じ」

頭を触られまくりでした


中には今頃

「カツラだとは知らなかった。でも、そんなに抜けたの?」

ツルツルになったこと
生えてくる髪はクルクル毛質に変わったことを話した

よほどヅラに興味があるのか

「カツラね~わかんなかった~」を連発


私のオッサレ~カテゴリーで一番の高い買い物になったと話したら

目をパチクリさせて

「大変だったんだね~」

としみじみ‥


それにしても

ズラ被ってないだけで
体感温度が下がる!
涼しい!


9ヶ月お世話になった
ズララさん、ありがとう

メンテナンスに出すとします

地毛デビューの本日

ちょうど術後1年3ヶ月目でもありました
  1. 2011/06/13(月) 21:45:18|
  2. 乳がん二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いざ高畠へ

高畠に日帰りドライブ旅

美味しい蕎麦、ワイナリーでの試飲を堪能


日本のアンデルセンと言われた「泣いた赤鬼」の作者の記念館を訪ね、小学生の時に読んだ懐かしい童話に再会した
上映していた赤鬼は青鬼と再会できたのかなぁ~
なぜか懐かしい気持ちになってウルウルものだった


時には立ち止まり
振り返ってもいい

長い道のりは
茨の道
ゆっくりでいい
ゆっくりいこうよ


そんな声が聞こえてきた
  1. 2011/06/12(日) 20:30:26|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脱ヅラ大作戦

最近の暑さ

ヅラとタモのせいで

ヒートアップ効果満点

限界のわたし…


美容室に行ってきました

クルクル度は増すばかりなのに
前髪は伸びない…

具志堅か久保田か‥
ぐらいの頭

でも
プロはなんとかしてくれるもんです

さすがです

超ベリーショート

クルクル天パッパーを
生かしたスタイル

赤ん坊の時以来です


帽子もズラも必要ない仕上げです

これでこの夏は
頭からクールビズ

脱ズラ大作戦決行

と言いつつも

癖が尋常じゃないので
一年ぶりのドライヤーを使いながら朝のスタイリング頑張るとします
  1. 2011/06/11(土) 22:27:37|
  2. 乳がん二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

震災から3ヶ月

夏のような天気の本日

あの日は雪が舞っていた
季節は夏を迎えようとしている


春の記憶…
私の頭の中には残ってないに等しい

桜が咲いても花見をする余裕のないまま桜は散っていた
覚えているのは
何となく今年の桜の色が薄い気がしたこと


今のこの季節
仙台のけやき並木は
まばゆいばかりの
緑濃い新緑のトンネルとなる

梅雨入り前の爽やかなこの時期、私は大好きだ

今年は
見上げるまで
気がつかないままだった

それだけ
気持ちが
上をむいていないんだ
うつむいているんだな

そう思えてならない


何事もなかったかのような街中の賑わい

通勤途中でみる仮設住宅で暮らす方々の日常

未だにあの日から変わらない津波被害の惨状

どれも同じ時間の中で今日を迎えている


あの日が
記憶の一部になりつつある人
あの日以来
時間が止まったままの人

温度差、格差のようなものが同じ被災地に生まれている



ともに
ひとつになって
乗り越えるには
どうすべきか
ひとりひとりが考えていくこと忘れたくない
  1. 2011/06/11(土) 21:16:49|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お局ですけど何か?

どうもタモのせいか‥
プチッとキレることがある

先日のバスの中での出来事

一番後ろに乗ると、前の席の空き具合ってわかるもんだから…

途中から、目の不自由な方が乗ってきた。

優先席に大股開いて座っているオヤジ
ドア付近の席で寝たふりしてる若者
おまけにバスの運転手はずっと無言
発車しますも席が空いている案内もしない

これってどうなの?

私が降りる時に声をかけて席に誘導したら、すごく恐縮していらした

運転手には、乗客の安全を無視した運転はいかがなものかと喝入れしたが、聞いているのかいないのか返事もしない。不愉快極まりない!

とことん言わねばと、営業所に電話した。
目の不自由な方が乗車した場合、きちんと誘導するように教育しているとの返答。
出来ていない運転手がいる。
公共の乗り物なんだからみんな気持ちよく利用したい。
いちいちカッカしてしまう私もクレーマーみたいに思われるんだろうな~

一昔前は、当たり前にできていたマナーやエチケット‥
どこに置き忘れてきたんだろうか。
自分さえ良ければいいみたいな考えでは、復興なんてできないと思ってしまう出来事でした
  1. 2011/06/08(水) 18:39:40|
  2. 日々徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今頃ですか‥

ケモが終了して、タモキシフェン内服開始して、早8ヶ月、副作用らしきものが全くと言っていいほどなかったのに、先月辺りから、関節は痛い、頭は重い、耳鳴りはひどい、ホトフラですか?みたいに汗がでる‥、満腹知らずの食欲…更年期オンパレードです

寒いはずなのに、ひとり暑がってみたり、真逆に暑いのに寒くて仕方ないこともあったりと体温調節がいかれています。
ズララ生活真っ只中ですから余計に体感温度は上がります。。


今頃になって副作用がでるんですね‥
すっかり油断してました。

自分で自分のカラダについていけないこの頃です
  1. 2011/06/02(木) 19:19:24|
  2. 副作用アーカイブス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。