☆にゅ~にゅ~のひとりごと

2010年3月乳がんope 医療人にして乳がん一年生。治療の記録や患者としての日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無力感

担当患者さんが 亡くなられた




ひとには

もって生まれた天命というものがある

どんなに真面目に生きているひとも

どんなに極悪非道な悪人でも

ひとには

神様から与えられた天命というものがある



命には限りがあって

いつか 皆 その時をむかえる


そのことは わかっているはずなのに


それでも


まだ幼く小さなからだで

辛い治療や手術に耐え

毎日毎日を

一生懸命に生きようとしていた

私の担当患者さん


どんなときでも

家族にとって

天使のような存在だった


この世に生を受けて

まだほんの数年しかたたないのに

あまりにも 神様は残酷だ


余命を宣告され

生きる時間が限られてるとわかっていても

どうか 神様 まだ連れていかないでと

祈らずには いられなかった

一日でも長く生きてほしいと

願わずには いられなかった


元気に回復した

この患者さんの成長を見守りたかった


あどけない寝顔、

車椅子での散歩をねだる声、

大好きな新幹線を見て はしゃぐ姿


もっともっと いろんなことを

経験させてあげたかった


どこにもぶつけられない悲しみと

反面、よく頑張ったねと

幼い患者さんを 誇りに思う気持ちと


やりきれなさと無力感とで

どうしょうもない夜

真っ暗な夜空から 落ちてくる雨が

私の瞳の奥の涙も 誘ってくる





スポンサーサイト
  1. 2014/10/05(日) 23:23:55|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

講師になるの巻

医学部の大学院生への毎年一回の講義

私の職種について

日々の業務について

私の役割について

患者や家族、医療スタッフとの向き合いかた

担当患者の統計から言えること

などなど…

今後の課題も含めて

毎年話す項目なのに

歳をとるせい? 経験が増すせい…?

考え方、向き合いかたが

私自身変わっていることを実感する


人に話すって 勿論 話力が必要だけど

素直に飾らず

伝えたいこと 知って欲しいことを

ありのままに話す

私は こんな風に 考えますってことを

これから医療人となる人達に

少しでも伝わればいいな


勤務外で

こーしてこーしてって スライド作っても

すこーしもこーし代は戴かない講師なんですけどね(笑)






  1. 2013/11/26(火) 20:46:13|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てんこ盛り盛りな日常

ここ1ヶ月 次から次に 仕事が沸いてきている

てんこ盛り盛りな日々

何曜日?何日?何時?

これ、さっきした仕事だよね。。。してない????

う~~ん・・・

効率悪し。。

やらねばならない仕事が目の前にたくさん・・・

けど、頭もカラダも うまく働きません


なんだか、いろいろと からまってしまってます


へこたれず、がんばるしかないな 


気合注入!!








  1. 2013/07/08(月) 19:27:23|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おら、トーキョーさいるだぁ~

日曜日です

なのに、仕事で東京に出張中です。

会議では、昨年度の与えられた事業報告をし、私の怠け具合、モチベーションの低さを実感…

私ばかりなぜやらされる…って考えて正直嫌気のさしてる私でした。

が、、

帰り道、

好きな美術館に立ち寄り、嫌なことでもただ黙ってやりなさい。

そこでぶつぶつ言うと愚痴になる。

黙ってやり遂げたことは、自分の人間としての根っこになる…

いつでもどんなことでも一生懸命に向かうことが大事な姿勢である…


大事なこと 見失いかけてました

わたしがわたしにならないで どうする!

私らしく 動きましょ…

人のせいにすることなく、自分から動きましょ…





本日のトーキョーも 私には 喝と元気エネルギーをチャージしてくれましたよ♪


頑張りすぎず いい塩梅でいくとしますか~


  1. 2013/05/26(日) 20:51:22|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今どきなのか…

新人教育…

難しい…

ある程度の基本的なカリキュラムを作って
新人の仕事に対するモチベーションを保てるように配慮しつつ
オリエンテーションをしながら患者のこと、業務のこと、
少しづつ消化していけば、いい戦力になると思っていたのに…

「患者とどう話していいかわからない」
「私の一言で、人生の選択が変わってしまうかもしれない。」
「いろいろ考えても考えがまとまらない。私が、今、すべきことがみえない」

何でだろう…

どんな仕事だって、相手はいる
どんな仕事だって、戸惑いや迷いや不安はあるはず

それを今まで感じてこなかったことのほうが不思議…


「もう限界です」
そう言って辞めた…

いろいろな配慮をしながら接してきた緒先輩のほうが
今はどんより…
元気なくしています。。

手取り足取りでもダメ、自主性に任せてもダメ

今どきの若い人との壁?溝?は越えられません…
  1. 2012/09/06(木) 19:24:19|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。